前へ
次へ

一戸建てでありながら外観の変更が自由にできない

分譲マンションなど集合住宅には専有部分と共有部分があります。
共有部分は自由に変更できないため、玄関やベランダなどの共有部分は勝手に変更できません。
一方一戸建ては基本的には土地の中は土地の所有者のものになるでしょう。
建物も土地もすべてが自分の専有物なので、自由に変更ができそうです。
しかし必ずしも外観の変更などが自由にできないところもあります。
新興住宅地の中には、あらかじめ街の雰囲気を一定に定めるところがあります。
建てられる家の雰囲気は大体同じで、門や塀なども同じように作られています。
そのために街並みとしては非常にきれいに見えます。
これらの住宅を購入するとき、一定の制限を受け入れて購入しないといけないときがあります。
外観の変更をするときには、元の外観のイメージを損ねない範囲で行わなければいけません。
マンションのように共有部分ではないですが、ポツンと一軒だけ雰囲気の異なる住宅を建てたり門を設置したりができません。

Page Top